(Source: plasmatics-life, via wolverxne)

38,696 notes

"

日本人が優しいのは遺伝子に原因があったのではないか


だから、多くの国で、自分の友人や親族の誰かが殺された経験を持っている。

女性も、殴られたり、レイプされたりする率は非常に高い。その殺され方も日本人が見ると、想像できないほどの残虐性である。だから、多くの外国人女性が日本にやってきて、日本の治安の良さに驚嘆する。

「いったい、日本はなぜこんなに治安が良いのか?」

日本がこれほどまで治安が良いのは、いろいろな説があるが、端的に言えば、日本人が穏やかで優しい民族だからである。

では、なぜ日本人は穏やかで優しいのか。

日本人は文化や風習や自制心によって、その優しさを磨いてきたという説もあった。

最近になって、日本人が優しいのは遺伝子に原因があったのではないかという説が有力視されつつある。

1996年11月、オーストリアのザルツブルク大学の科学者が、「セロトニントランスポーター遺伝子」というものを発見した。

これは、セロトニンの伝達に関連する情報が書き込まれた遺伝子なのだが、この遺伝子は、恐怖を強く感じるか、それほど感じないかを司る遺伝子だったのだ。

この遺伝子の組み合わせによって、人は恐怖を強く感じたり、それほど感じなかったりするのである。これが、人種によって違っているのが明らかになった。

image
世界では何かあると暴動や暴力や破壊が発生する。日本でも暴動が起きてもおかしくない案件が山ほどあるが、ほとんどの日本人は我慢する。

日本人は圧倒的なまでにSS型で占められている


「セロトニントランスポーター遺伝子」のタイプは3つあったのだが、この3つのタイプで恐怖を感じる度合いが違ってくるのである。

3つのタイプとは以下のものである。

LL型 恐怖に鈍感
SL型 恐怖に中立
SS型 恐怖に敏感

人種によって、どのタイプが多いのか分布がまったく違っていることが分かっている。恐怖に敏感なSS型が、その人種でどれくらいの割合で存在しているのかを調べたデータがあるようだが、それによると、以下のようになっていたという。

南アフリカ人 32%
ドイツ人 64%
インド人 67%
日本人 97%

日本人は圧倒的なまでにSS型で占められている。ほとんど全員がSS型と言ってもいいほどだ。

恐怖に敏感であるということは、悪いことのように見えるが、実は厳しい環境の中で生き残るためには欠かせない重要な要素である。

恐怖があるから、慎重になり、それゆえに生き残りやすい。また、環境の変化に敏感で、トラブルが起きる前に回避してしまう行動を起こすから、結果的に社会は安定したものになる。

つまり、優しい社会になる。

このSS型が世界で最も多いのが日本人であるとすると、日本人は、遺伝子レベルで優しさが組み込まれていたということになる。日本人の優しさは、先天的なものであり、天性のものだったのである。

image
2011年3月11日の東日本大震災という未曾有の震災に見舞われても、略奪も暴動も起きず、日本人同士で助け合った。震災よりも、日本人の態度に世界は驚いた。

集団で相手と対抗するというのは、重要な知恵だった


「セロトニントランスポーター遺伝子」のSS型が多いというのは、個体としては弱いということを意味する。

恐怖を感じやすいというのは、すなわち激しい主張、激しい暴力、激しい対立、激しい交渉は苦手だということだ。それは日本人の社会を見ても納得できるものがある。

諸外国の厚かましさは、日本人から見れば想像すらできない「野蛮な世界の住民」にしか見えない。

インド人はSS型が67%だから、優しい人も意外に多いように見えるが、日本人から見ると、そのインド人ですらも野蛮人か原始人のように見える人が多い。

それほど、日本人は優しい。

だから、この弱さを克服するために、いろいろな方法が日本では考え出された。集団を作り、常に集団で相手と対抗するというのは、その中でも最も重要な知恵だった。

個人と個人なら、どうしても勝てない。しかし、個人と集団であれば、集団の数が大きければ大きいほど勝てる。

日本人が集団で生きるのが当然のように考えるのは、逆に言えば集団でなければ勝てないことを自覚しているからだ。

この集団は、互いに気配りするために非常にまとまりが強い。長期に渡って、ひとつの目標に向かって進むことができる。だから、集団になった日本人は異常に強い。

集団になった日本人の強さは時に伝説を生み出すのは、日本人ひとりひとりが弱さを克服するための集団であることを意識しているからだ。

逆に言えば、集団から外れて、ただの個人となった日本人は、とても弱い可能性が高い。

日本に自営業の人が外国に比べて少ないのも、個人であることの弱さを認識しているからであると言える。

そんな世の中で、もし日本人のあなたが一匹狼として生きるのであれば、個体としての弱さを克服するために、何らかの知恵が必要になるということだ。

そうしないと、一方的にやられてしまう可能性がある。"

日本人が優しく、個人が弱いのは、遺伝子に原因があった? (via sqiz)

(via book-cat)

(via orochiricorociri)

649 notes

melkior:

send hELP

(via bland-bluejay)

48,846 notes

megazal:

Thyra. Blue Lagoon, Iceland. (via jordanguile)

megazal:

Thyra. Blue Lagoon, Iceland. (via jordanguile)

(via orochiricorociri)

3 notes

(Source: saatchiart, via orochiricorociri)

3,906 notes

xoxomaricudderz:

Elephant. 🐘

xoxomaricudderz:

Elephant. 🐘

(via orochiricorociri)

42 notes

foodopia:

Blueberry Pineapple Popsicles

foodopia:

Blueberry Pineapple Popsicles

255 notes

amazingamigurumi:

Micro-crochet Stag by KimLCrochets

amazingamigurumi:

Micro-crochet Stag by KimLCrochets

(via yarn-over)

268 notes

love-this-pic-dot-com:

You smile I smile

love-this-pic-dot-com:

You smile I smile

9 notes

marcosmartinez:

Parrot

え

marcosmartinez:

Parrot

(via no-rice-panda)

371 notes

k-nakama:

1886年(明治19年)、
時の外務大臣、井上馨は、
欧米列強と肩を並べ、
不平等条約を改正するために、
鹿鳴館をつくり、連日夜会を催し、
西洋式の生活様式を奨励するなどの、
いわゆる欧化政策をとっていました…。

そして、
その総仕上げとでも言うべき、
国会議事堂、裁判所などを含む、
諸官庁建設計画にとりかかります…。

内閣直属の臨時建築局を発足させ、
井上馨自らが、初代総裁に就任します…。

そして、その建築家として、
ドイツで共同の建築事務所を開いていた、
ヘルマン・エンデとヴィルヘルム・ベックマンの、
エンデ&ベックマンを招聘し、
計画の作成を依頼します…。

この時に出来た計画案は、
パリやウィーンなど、
先進諸国の実例を踏まえた上での、
当時の最先端をいく計画だったと言われています…。

ベックマンの日記には、
「おそらく完成までに100年を要するであろう。
 しかしそれが重要なのだ」、とあります…。

そして、この計画は、
鹿鳴館で、政府高官に披露され、
ベックマンの日記によると、
「計画は承認され」、
天皇の御前での説明もなされたと言います…。

その後、
様々な変更が加えられながらも、
計画は、実際に、進んでいきます…。

しかし、
1887年(明治20年)、
不平等条約の改正交渉が不調となると、
事態は急変します…。

外務大臣、井上馨は辞任に追い込まれ、
計画は大きく揺さぶられていきます…。

ベックマンは日記で、
「われわれのプランに、
 かつての政府があらわした熱狂を」、
「もはや見出せなかった。
 われわれの建物は浪費と見なされ、
 全権を有する外国人による仕上げは反国民的なものとされた」、
と回想しています…。

翌年には、
エンデ&ベックマンの計画は廃棄され、
臨時建築局も、2年後には消滅します…。

ベックマンが100年後を見据えて描いた街路は、
結局、一本も実現することなく、
壮麗なバロック都市東京は、幻と消えました…。

ただ、
不平等条約改正交渉にあたって、
法治国家日本をアピールするために、
特に重要と考えられた、
国会議事堂、裁判所、司法省については、
先に、
日本側と正式に建設契約を結んでいたのだそうです…。

そして、
計画全体が廃棄された時、
すでに、
裁判所と司法省の工事は始まっていました…。

12名のドイツ人技師を招き、
技術習得のために20名の職人を、
ドイツに送ったという、
壮大なバロック様式の建築は、
別の人に引き継がれるかたちで、
完成します…。

裁判所の方は、その後、
最高裁判所新庁舎完成とともに
取り壊されましたが、
司法省の方は、
戦災で大きな被害を受けたものの、
改修され、
創建当時の姿に復元されて、
のこっています…。

法務省旧本館・赤れんが棟…。

幻のバロック都市・東京の断片…。

まさに、夢のかけらです…。

http://knakama.seesaa.net/article/388077242.html

(via k-nakama)

168 notes

a-mossy-wonderland:

showmeyourburningflame:

i want to make one of these, its adorable

Mother Earth!

a-mossy-wonderland:

showmeyourburningflame:

i want to make one of these, its adorable

Mother Earth!

(Source: willowdawnwiccan, via no-rice-panda)

2,449 notes

"・プロになりたかったら応用技は後回しに(1にも2にも基本が大事
・人の上に立ったら知識の理論武装をし、相手にグウの音も言わせない知的腕力を使いなさい
・失敗を恐れて慎重になる、その気おくれがチャンスを逃す原因
・利益を出す発想がすっぽりと抜けている人が以外に多い
・お金に執着しなさい
・何が何でも一番を目指す、これこそラクして生きる最大の鉄則
・部下を叱ったら必ずその倍ほめる
・アマチュアは問題を複雑にし、プロは問題をシンプルにする
・個人プレーを磨いて初めてチームプレーができる
・歯車になるな、モーターになれ"

2000社の赤字会社を黒字にした社長のノートのまとめ(5) | ブクペ (via fukunono22)

(via a2onaka)

2,723 notes

torikko17:

Made new woodburned floral earrings =)

*** 
FB / ETSY / Tumblr / Instagram / Pinterest

torikko17:

Made new woodburned floral earrings =)

***

FB / ETSY / Tumblr / Instagram / Pinterest



(via artpockets)

7 notes